人生って楽しいじゃん

継続的にアウトプットできるオタクになりたい

LDH TVが楽しみな話

 

もう12月って時が経つの早すぎません!?
そりゃ毎日寒いわけだよ。


8月に公開されたHiGH&LOW THE MOVIE2 END OF SKYでジェシーにハマり、そのままNAOTOさんが好きになって、ブログにも書きましたが10月にはついに三代目のコンサートの現地参戦も果たしました。
この前のUMPのライビュも三日連続で見てきて、私はすっかり三代目の虜になっています。

最近は年末に近づいてきたということもあり、音楽番組が増えてきましたね。
まさかのMIGHTY WARRIORSが登場したベストアーティスト、コメントもなくVTRでの出演となった有線大賞、隆二さんが美しすぎてTLがザワついたFNS歌謡祭…など連日楽しませてもらっています。


NAOTOさんが好きなので今一番推してるのは三代目ではあるのですが、セカンドやGENEも好きで曲を聴いたりGENE高などの動画も見たりしているのでどんどんLDHの深みに嵌っていっている気がします。

LDHアーティストについて知識がついたので最近見る音楽番組がとても楽しい!!!!
しかもこれから年末の番組にも出演ということで、まだまだ楽しみは終わりません。
まさかこんなに音楽番組が楽しみになる生活になるとは思ってもみなかった~!!

 

三代目が好きなの?と聞かれればもちろんその通りではあるんですけど、ここまで魅了された大きな要因はLDHが目指しているものとか、考え方とかそういうものに惹かれたからなんですよね。

 

もともと去年のザムからHiGH&LOWは好きだったのですが、END OF SKYからは特にいろいろ雑誌インタビューなどをしっかりチェックするようになりました。
すると、岩田さんやAKIRAさんをはじめ、色んなキャストやスタッフがLDHのこともお話されている。HiGH&LOWの核となっているのはHIROさんの考えでもあるので、HiGH&LOWを語るにはLDHやHIROさんの話が出てくるのは当然で、HiGH&LOWが表現しているメッセージに惹かれるってことはLDHの考えに惹かれるということと同じなんですよね。
だから、HiGH&LOWを大好きになったあとは、もうLDHのことも大好きになっているわけです。
ひとつの作品を好きになったらそれを作ってる会社まで好きになってしまうという流れ、凄すぎませんか!?


音楽活動をしているアーティストはこの世にはたくさんいます。でも、どの事務所がどんな社会を目指していてどんな事業をやろうとしているかなんてあんまり知らないですよね?(私が無知なだけだったらすみません)

LDHはそこが明確なんです。『LOVE  DREAM  HAPPINESS』なんです。

LDHの意味を知ったときはそのストレートさに度肝を抜かれたし、その頃は彼らの本気度を知らなかったので少し小馬鹿にしていたところもありました。今思うと不敬罪すぎるので自分をぶっ飛ばしたいです。

 

LDHのことをもっと知りたいなと思うようになってからは、月刊EXILEを読んでHIROさんのお話やメンバー・グループでやっているプロジェクトをチェックし、週刊EXILEやインスタを見てなるべく旬の情報を仕入れるようにしています。
(月刊EXILEは面白いですね!NHKの外国語のラジオ講座の冊子を読んでいるときのあの学びの感覚に近いものがあります。毎月たくさんの発見があって飽きないし、かっこいい写真がいっぱいあるので読み終わったあとは自分自身がセンスの良い人間になった錯覚に陥ります)


音楽活動や映画というエンターテインメントで世の中にハッピーを届けるだけじゃなくて、子供たちのためにスポーツ大会を開催したり、東北の被災地の中学生と一緒にダンスイベントをしたりなど社会貢献活動もたくさんしている。
アーティストもそれぞれが自分の『LOVE  DREAM  HAPPINESS』を体現するために、自分たちの夢を叶えようとセルフプロデュースをしていて、その夢を会社が全力でサポートしている。
知れば知るほど、『LOVE  DREAM  HAPPINESS』――LDHがやっていることってまさしくこれで、どの活動もこの精神からブレてないことが分かります。 
いやあ、LDHってすごいなあ。楽しいなあ。

 

また前置きが長くなってしまいましたが、そんな魅力的なLDHが新しいエンタメに挑戦するという情報が入ってきました。
なんと、TVを作るそうなのです。

 

 

LDHによる新しいエンタメの形“LDH TV”

いやーーーー。びっくりですよね。
TVまで作っちゃうんだ!??!???

ここ数日で一気に新情報が解禁されたのでチェックしていきたいと思います。

 

www.ldhtv.jp

 LDH TVのオフィシャルHPにいくとさっそくHIROさんのメッセージ動画が。
「黒いスーツを着てEXILEモードで…」と言っていて、黒スーツ=EXILEモードなんだ…と思ってちょっとクスっとなりました。
アプリの内容は以下の通りです。

 

LDH TV:動画配信アプリ
開局日:2018年1月1日
プレオープン(アプリ配信開始日):12月12日
月額料金:1080円 ※プレオープン期間の12月末までは無料
対応機器:iOS 10.0以上のiPhoneiPad
Android 4.4以上のAndroidスマートフォンAndroidタブレット

 

プレオープンの間にもいろいろ番組があるようで、現時点で発表されている内容を確認していきたいと思います。

 

①キックオフトークショー生配信

全国各地の会場で行われるLDH TVについての話?などがメンバーから聞けるトークショー。全4回。

本当はNAOTOさんを見に行きたかったのですが、如何せん住んでいるところから福岡まで往復5万くらいはかかるので断念しました…。
今月の月刊EXILEに健二郎さん、NESMITHさん、隼くんの3人によるLDH TVについての対談が載っていて、それぞれ「こんな企画やりたい!」ということを話していたので、このトークショーでもそういう話をするのかな。

健二郎さんの釣り番組についてはかなりいろいろ細かく決まっている様子なので、早い段階で放送が始まりそうな予感がします。
きっと〇日にこんな番組やります!ドン!!みたいな発表もあるんだろうなあ~~。
めちゃくちゃ楽しみだ~~~~~!!!!

 

②ライブビューイング配信

いつもは映画館でしか見られなかったライブビューイングをなんとLDH TVで配信するとのこと!!

現在発表されているのは以下の2公演。

  • 12月17日(日)17時~ LDH TV独占配信
    三代目 J Soul Brothers LIVE TOUR 2017
    UNKNOWN METROPOLIZ FINAL
  • 12月18日(月)18時半~
    GENERATIONS LIVE TOUR 2017
    MAD CYCLONE FINAL

★視聴条件、料金
12月11日(月)23:59までにファンクラブに入会し、LDH TVに登録する
両日ともに前売り:1800円 当日券:2200円

ギャーーーーーーーーーーーーーー!!
UMPファイナルを独占配信って‥‥なんで映画館でライビュしてくれないのかな~と思ってたけどそういうことだったんですね…。

UMPのファイナルなら映画館の席はかなり埋まったはず。
それをあえてやらず、LDH TVのみでやるっていうのは、映画館でライビュをしたときに得られる利益よりもLDH TVのスタートダッシュの為の起爆剤としての役割を優先したということですよね。
今まで何度もやって実績を重ねてきた映画館でのライブビューイングではなく、アプリでの配信。不具合とかが発生してエラーでライブが見られなくなったらかなりまずい。LDH TVのスタートダッシュどころか一気にコンテンツの勢いが収束してしまう…ということになりかねないわけで、UMPファイナルをLDH TV独占配信するっていうのはかなり挑戦的な決断だなあと思いました。

私は17日に三代目のライビュないならGENE行こうと思ってライビュチケを買っているので、15時からのMCのライビュを終わり次第すぐにLDH TVを見ることになりそうです。

 

ライブビューイング生配信への不安

ライブビューイングに関しては、HPの注意事項を見ていると少し不安なところもあります。

【注意事項】

……

※LIVE配信ご購入後、お客様のご都合による変更および払い戻しは、いかなる場合におきましても行っておりません。予めご了承の上お申込みください。

……

※配信映像については、カメラや携帯などのいかなる機材においても録音/録画/撮影/配信を禁止しております。
このような行為が行われた場合は、記録された内容を削除の上、退会していただく場合がございますので予めご了承ください。

※配信中継イベントの為、電波状況、周囲の環境などにより映像・音声の乱れが生じる場合がございます。予めご了承ください。

……

(https://www.ldhtv.jp/  一部抜粋)

 

 …つまり、電波状況や自分が使ってる電子機器の不具合で見られない可能性があると。
Wifiがない状況ならデータ通信料がかなりキツイし、少し古い機種を使ってたら途中で落ちるかもしれない。でも返金は行われない…。んんー…。
映画館であれば一定のクオリティで見られるけど、配信になると自分のスペックにも左右されるのでそこが心配ですよね。

あと、録音や録画が禁止とされているけど(まあもちろんそんなこと当たり前だとは思うんですが)、スクショとか撮る人いそうですよね。スクショ問題なんてライビュ配信に限ったことではないと思うんですが、どの程度取り締まられるのかもよくわからない。

アプリってスクショ出来ない仕様に設計って可能なんですかね?いまの動画配信アプリってそんなものなのかな~どうなんでしょう。
マナー違反する人はいないと願いたいんですが、映画館で画面の写真を撮る人はいないけど、自宅で見るならそういう緩さが出てくる人もいるんじゃないかなってちょっとだけ気がかり。

「自分で楽しむだけなら良くない!?」って思う人もいるんだろうけど、今の時代すぐ画像や動画あげちゃう人もいるし…。うーん。
とにかく、違法アップロードなんてものはないことを信じるのみです。

 

今後のライビュはどうなる?

ライブビューイングを配信することについては、賛否両論あるよなあと思います。
歌有りのステージをPCで閲覧するタイプの中継はニコニコ動画ジャンフェス内のテニスの王子様のステージくらいしか見たことがないのですが、他にも2.5次元舞台などでもPCやタブレットなどで見られるライビュを行ってきた事例はいくつかあるようです。他社の話なので、参考にはあまりならないかもしれませんが…。

 

今回は歌って踊るライブの中継なわけで、立ってフラッグ振りたいし音楽に体揺らしたいしR.Y.U.S.E.Iでは「フー!フー!!」って合いの手入れたい…!!!!岩田さんの舌出しや登坂さんの横顔でピギャ――――って叫びたいし、NAOTOさんのエロダンスは大画面で見たい…!!!!!!!!

映画館で見るライブビューイングって大きな画面や大きな音で見られるだけじゃなくて、周りにいる観客とキャーキャー叫んで高揚してる空気を共有できて、さながらその会場にいるみたいな感じがすごく良いんですよね。

もちろん、学校や仕事、住んでいる地域の問題など今までライビュを見に行けなかった人はたくさんいたわけで、アプリで配信することによってぐっと視聴のハードルは下がる。

まあハードルは下がると言っても、そもそも年会費4000円のファンクラブに入会しなければならない&ライビュ用の課金をしなければならないので、ちょっと気になってるくらいの気持ちの人にはそれなりにハードルが高いけど…。

ただ公式HPにも書いてある通り、友達や家族と一緒にどこででも見られるので布教はしやすいなー!と思いました。

 

つまり何が言いたいかというと、やっぱりライビュは映画館で見たい!!!!!!!
今回はLDH TVが開局ってこともあってUMPファイナルが独占配信になったんだろうけど、今後も引き続きライビュは映画館でもやってほしいな。
でも映画館ライビュとアプリの配信どちらもあったら客が分散してしまうし、それは収益的にどうなんだろう…。
人件費などもかかりつつ一人3600円取るより、箱代がかからずに1800円ないし2200円徴収できるほうが利益になるのかな?


やっぱり映画館でのライビュのビジネスの仕組みがよくわかってないのでこれ以上なにも言えないのですが、配信も嬉しいけど映画館でのライビュの回数は減らしてほしくないなあ。

 

③オリジナル番組先行配信

連日各グループの番組が放送されるっていうことですね!
詳しい時間は未発表。1回1時間くらいかな?もっとある??

しかも三代目の内容がめちゃくちゃ面白そう!

メンバー7人揃っての車中トークや、サービスエリアに寄り道したり、NAOTOが数年間ずっとやりたかったグランピングをしたりと、見応え抜群!!7人和気藹々として楽しむ姿は、まさに映像版SWAG HAUSE。そして…直己&NAOTOの弾き語り新ユニット誕生!?
(https://www.ldhtv.jp/  一部抜粋)

うわ~~~~楽しそう~~~!!!!
あのゴキゲンボーイズの模様が見られるってことですよね!?!?!?

そもそもグランピングってなんだっけ!?と思って調べたんですが、めっちゃ豪華なアウトドアって感じなんですね。

www.hoshinoresort.com

あと直直コンビの弾き語りもめっちゃ見たいな~~~!!!!!!
私は直己さんのギター姿、ザラくらいでしかちゃんと拝見したことがないので、どんな感じなのかめちゃくちゃ気になります。
直直コンビの弾き語りとかもう萌えが過ぎてどうにかなってしまいそうなので、ちゃんと予告してくれるLDHは良心的ですね。

 

私は19、20日と仕事で夕方~21時くらいまで見られないので、1日に何回か放送してもらいたいな~~~~。
見られないなんて絶対に嫌だ・・・・・・・・・・・・・・・。

 

世の中色んな生活サイクルの人がいるので、もしタイムシフトが出来ないのであれば1日に何回か放送してほしい!!!!!お願いしますねHIROさん!!!!!!!

 

 

開局特番で新年会生配信!!

飲み会が盛大だと言われているLDHですが、なんと開局日である1月1日に新年会を生配信してくれるとのこと!!!

 

★視聴条件
12月25日(月)23:59までにファンクラブに入会し、LDH TVに登録する

 

f:id:dankeko:20171207235458j:plain

https://www.ldhtv.jp/より引用)


なにこれ~~~~~~!?!?!?
めっちゃ楽しそう!!!!!!!

「2018年LDHはこうなる!」っていうタイトルが朝まで生テレビ的な感じでちょっとおもしろいですね。

ぜったいみんなお酒飲んでるだろうし、配信して大丈夫!??放送事故とか!!!でもそのための自前のTV局開設か!???
あとお年玉プレゼントってなに!?FC会員番号のルーレット回して当たったFC会員にメンバーの私物プレゼントとか!!???チェキプレゼントとかあるんですかね!????


かなりの新情報がここで発表になると容易に想像できますが、これ絶対みんなTwitterとかで実況しちゃうやつじゃないですか…。それってどうなんだろう…。
「今年は〇〇します!!!」ってバーンと発表されたらつぶやきたくなっちゃうよね。そこらへんの情報統制はどんな感じなんでしょうか!?

HiGH&LOWのオタク的に、HiGH&LOWの新しいお話もちょっとあったりしないかな…と期待してしまう…。でも期待しすぎるとよくないよね!!ほどほどにします。

 

とにかくみんなでワイワイやってるのを新年早々見られるなんてめちゃくちゃ楽しみですね!!!!

 

既存コンテンツとの使い分けはどうなる?

公式HPを見ると『LDH NEWS』なるものも放送されるらしい。でもこれはちょっと週刊EXILEに似てる。
秘蔵映像を配信っていうのも、モバイルコンテンツであるEXILE chの動画配信と役割が似ている。

今回、新規でLDH TVと大々的にプロジェクトを立ち上げてはいるものの、下地となるような活動は今までもしてきてるんですよね。

もちろん、週刊EXILEはテレビで放送してるのでEXILEを知らないって人がちらっと見て興味を持ってくれるきっかけになるかもしれないし、「ファンクラブに入るくらいの熱量ではないけど、ライブはライビュや円盤で見てるし、動画もっと見たいな」って人にはEXILE chを見る…など、それぞれ役割があるのはわかります。
LDH TVはファンクラブに入らないと楽しめないコンテンツなので、ファンクラブ関係なく楽しめる週刊EXILE(無課金)やEXILE ch(月額有料コンテンツ)などの既存のコンテンツと差別化はされると思いますが、どう共存していくのかは気になります。


とくにEXILE chの配信動画とLDH TVで配信される動画が似てたら二重課金でモヤってしまいそうなので、そこもうまく統合や使い分けがされるといいなと思います!

 

 

おわりに

 

LDH TVについてはまだ発表されていないことも多いし、そもそもプレオープンすらしてないし、まだまだ未知数。

課金コンテンツであるライビュの見逃し放送は当然ないっていうのはわかるけど、そのほかの生放送や通常放送はどこまでタイムシフトや見逃し放送視聴が出来るのか不明なのは大きな不安要素ですよね。
タイムシフトに関しては問い合わせをするので、回答があれば追記したいと思います。)


LDH TVプロジェクトは応援しているけど、もし今後もタイムシフトや見逃し放送がないのであれば月額支払い続けるのはちょっとどうだろうか…とはさすがに思うので、もしプレオープン時にはなくても開局日には実装してほしいな…。いや、プレオープンの配信も見逃したくないから何らかの救済措置は欲しいですが!

タイムシフトなどの話はまだ公式からきちんと発表されてないせいで物議をかもしている気がするのですが、今月の月刊EXILEでNESMITHさんが「今までみんなが出演した番組であったりMVであったりが常に観られるコンテンツになると思う」という発言されているので、通常チャンネルについては1回ぽっきりしか放送されない…なんてことはないんだろうな~と今は楽観視しています。


新年明けて元旦からがっつり働いてる人もたくさんいます。楽しむために働いて稼いでるのにその仕事のせいで新年会などの目玉コンテンツが見られないなんて悲しすぎるのでぜったいより多くの人がハピネスになれる仕様になってほしいですね…。

 

あとせっかくなのでChrome Castとか、テレビにつないで大画面で見られるようになるといいな!TVと銘打ってるわけだし、TV画面で見たい!!

 

月額1080円ってどうなの?

月額1080円の捉え方は人それぞれだし、まだどんな仕様になるか完全にわかっていないので、現段階で「高い!!」とは思いません。
むしろ、これからどんなエンタメを見せてくれるのかワクワクしているし、そんなワクワクさせてくれてありがとうの気持ちで登録しました。

 これが今の率直な気持ちだなあ。

 

今月の月刊EXILEのHIROさんが「視聴率を気にすることもない」と仰っていて、通常のTV出演だと自分たちの思うようにいかないことも多いんだろうし、私たちが想像してる以上にメンバー自身視聴率のプレッシャーを抱えているのかなあとも思ったり。

民放の番組はスポンサーの資金に拠るので、100%思い通りにいく訳ないし、自分たちがやりたいようにやる為には自分たちの資本でコンテンツを作るのが一番良い。そもそもHIROさんたちが会社を立ち上げたのも自分たちがやりたいことを自分たちの手で作り上げたいという考えあってのことだったので、いまLDH TVが出来たのも必然だなあと感じます。 

goethe.nikkei.co.jp

 

もちろん、地上波でのTV出演は楽しみにしているので、ちょくちょくバラエティとかには出てほしいですよね。
EXILEカジノとかすごく面白かったので、ああいうバラエティもLDH TVでやってくれるといいなあ~。


新しい試みなのでどうなるかわからない。システムエラーで番組が配信できない!なんてこともあるだろうし、思ったより番組が面白くない…なんてこともあるかもしれない。
でもメンバーは「面白いことをやってやろう!」「こんなことしてみたい!」と色々考えていると思うし、それを応援したいです。


自分なりにモバイルやインスタ、月刊EXILEなんかを読んで勉強しているつもりだけどLDHにはたくさんの魅力的な人たちがいてそれぞれ様々なプロジェクトに挑戦していて正直情報が追い切れてないので、LDH TVの動画で新たな発見が出来たら素敵だな。
人気Youtuberみたいに、若手メンバーの子がチャンネルを通してワーっとスターになるかもしれないし、可能性は無限大ですね!!!!!

 

個人的な希望としては、NAOTOさんが好きなのでSEVENで働いてるときのドキュメンタリーとか、大好きな漫画について他の漫画好きなメンバーと語るようなチャンネルが見たいな~!!!!

あとこれは超超超個人的な好みなのであれなんですが、テニスの王子様が大好きなのでこのまえUMPも見に来てくださったご縁もあるし許斐先生がゲストに来る回とかないかな…でもLDHファンのためのチャンネルだしこれだともうなにがなんだかわかんなくなっちゃうね…。超個人的な妄想です。

 

LDH TVが気になっててファンクラブ入るか迷ってる人もいるかと思います。
ファンクラブ年会費税込み4000円って12か月で割ったら333円ですよ。
そう考えたらそんなに高くないかも…って思えてきますよね。

でももうmobileとchに入会してたら月額540円払ってるわけで。
さらにCDとかDVD、ライブ…ってなったら月額料金も塵も積もれば破滅への輪舞になるわキツイわっていうのもめちゃくちゃわかります。
私はファンクラブに入ったのがこれが人生初なんでよくわからないんですが、こんなものなんですかね?他アーティストから比べてもけっこうお金かかってるんですかね!?

まあお金の話なんてし始めたら世の中いろんな趣味にお金はかかるわけなので「自分が払いたいと思ったら払う!以上!!!!」としか言いようがないです。

 

とにかく、ファンクラブに入るも入らないも個人の自由なのですが、LDH TVでライビュが見たいなら11日まで、新年会配信が見たいなら25日までにファンクラブ登録を済ませないといけないようなので、気になってる人は勢いでファンクラブに入会しても良いんじゃないかな?と思っています。

「やっぱり新年会見たい!」って思ったらもう締め切ってて見られなかった…とかあまりにも悲しすぎるので…。

(先月ファンクラブに入会したばかりの新参者なのにえらそうなことを言ってすみません)

 

まずは12日のプレオープンを楽しみに待ちたいと思います!!!!!

 

 がんばれLDH TV!!!!!!!!!

 

広告を非表示にする

【感想】10/7 UNKNOWN METROPOLIZ

はじめに

全ての始まりはHiGH&LOW

昨年の9月。好きな絵師さんが褒めていたこともあり、EXILEがいっぱい出ていることに一抹の不安を覚えつつ(まあこれは全くの偏見だったわけですが)HiGH&LOW THE MOVIEを見に行きました。

するとまあこれが面白いのなんの!その後すぐにドラマシリーズを見てハマり、数回劇場に足を運びました。そしてたまたま9月中旬にHiGH&LOW THE LIVEのライブビューイングがあり、LDHアーティストについてよくわからないままでしたがハイローに飢えていたのでとりあえず行ってみました。その時は結局知識不足で誰が誰だか認識できませんでしたが、HiGH&LOW楽曲が次々と披露され、歌のみならず殺陣やバイクショーもあり、とにかく面白かった記憶があります。

そのままずぶずぶとハイローにハマり、ザラも現地で見たくなってしまい、なんとかチケットを探して10月初旬にあった京セラドームのTHE LIVEに参加しました。これが私にとって人生初めてのドームライブ、そして初めてのLDHアーティストのライブでした。

LDHのライブではキンブレじゃなくてフラッグを振るんだ、とか、フェルトEXILEメンバーを模って作った布を首から下げてる人がたくさんいるとか、全てが異文化で勉強になりました。LDHが好きな層ってチャラい感じだと思っていて、アニメイベントばかり行ってたような人間から見ると実際そういう方も多いんですが、グッズガチャのために並んで何個も引いていたり、グッズをプラスチックケースの上に並べて交換を求めて彷徨ったりしている姿は池袋やアニメイベントにいるアニメオタクと行動が全く一緒で、ちょっと安心しました。

THE LIVEは本当に面白かった。だってハイローの歌を披露されるだけじゃなくて、キャラそのものが出てきてカチコミしたり、刀持って暴れたり、チームの垣根を越えて役者さんたち総出で太鼓叩いたり、目の前でパルクールしてくれたり…。面白くないわけないんですよね。しかもステージはアリーナ全面。コンサートと形容するには規模が違いすぎる。
そしてLDHアーティストの皆さんの圧倒的パフォーマンス。今までEXILEを毛嫌いしていたのが本当に馬鹿らしくなりました。彼らはエンターテインメントに本気で、ダンスも歌も全力でカッコイイものを追求して、100人以上いるんじゃないかってくらいのダンスエキストラがいて(おそらくもっといる)、光や映像の演出もお金をかけているんだろうなと容易に想像がつくくらい凝っていて、それら全てを惜しげもなく披露していました。本当にかっこよかった!!!

そしてLDHのエンタメの虜になった私はライブの帰りにEXILE TRIBE mobileに入会していました。

 

行けなかったMETROPOLIZ

モバイル会員になってから初めて、三代目J Soul BrothersのLIVEツアーが始まり、モバイル会員先行でダメ元で1枚応募しました。そしてなんと当選!倍率が高かったと思っていたので驚きました。

そう、あの札幌ドームのクリスマス公演――PKCZのみなさんが事故で負傷してしまったために急きょ休演となったあの公演です。

www.oricon.co.jp

私は実は公演1週間前にインフルエンザにかかっていて、どうしても札幌に行くのが難しく、札幌に行く飛行機とホテルのツアーを泣く泣くキャンセルしていたので、公演中止になったと知ってちょっと安心してしまいました。すみません…。
実際PKCZの皆さんはかなり大変な怪我をされていたようなので、ちゃんと体が回復して本当に本当に良かったです。

8月に振替公演を設けてくれたのですが、札幌マラソンと被ったことでホテルもとれず、金銭的な余裕も作れず…という情けない理由で振替は行けませんでした。翌月から仙台‐札幌のLCCが飛び始めたので、あと一か月早ければな~と少し悔しい。

私の初めての三代目コンサート現地参戦はMETROPOLIZでは叶いませんでした。

 

METROPOLIZはライブビューイングで

結局、METROPOLIZはライビュで見ました。TOHO仙台で見たんですが、チケットは先行で捌けていて…。ギリギリ、同行者を探していた方とコンタクトを取って参加できたのですが、今後はチケットの取り忘れに気を付けないと。

フラッグもタオルもなく、完全非武装で参加したので不安でしたが、そんなの途中で忘れるくらい楽しかった。今までの三代目のライブDVDなど全く見ないで行ったので、こんなにも映像がたっぷり入るとは思っていなかったので驚きました。

何せまずは宇宙の誕生、火山の噴火、生命が生まれ時代がめぐる…。ハリウッドのファンタジー映画のような映像と、英語のナレーション。映像の下には日本語字幕が入って、さながら洋画のよう。”METROPOLIZ 1945”など架空のメトロポリス歴に沿って話が進み、江戸時代っぽい世界に佇む戦国BASARAっぽい衣装を着た三代目メンバーとか、軍服を着て数多の戦闘機に爆撃を受ける三代目メンバーとか、謎の近未来バイクに乗って数百年後の世界を駆け巡る三代目メンバーとか、もうカオスですごかったです。生命の誕生から始まり、高度経済成長、2017年を経て未来の世界へ。最後には劇場版名探偵コナン ベイカー街の亡霊にでてくるノアズアークさながらの謎機械に入って目を閉じる三代目J Soul Brothers

『仮想旅行を開始します――』と電子的な女性のナレーション。と、こんな感じで長い長い謎ファンタジー映像を経てようやくライブが始まるんですが、この時点で惹き込まれまくりです。三代目のライブに対してチャラいヤンキーのライブでしょみたいなイメージを持っているのならそれは間違いです。どちらかというとファイナルファンタジーとかが好きなゲーマーやスターウォーズなどの洋画が好きな人はテンションが上がると思います。(言い過ぎかもしれないけどそれくらいちょっと不思議な世界観なのです)

歌もダンスももちろんかっこよくて圧倒されたのですが、とにかくこのよくわからないけどかっこいいファンタジーがかった映像の印象が強かった。スクエニとタッグを組んでRPGを出してほしい。

いろいろと過去のEXILE三代目 J Soul BrothersのMVを見てみるとプロデュースがHIROさんの場合は特にファンタジー色が強いものが多く、そういう映像に慣れているfamの方からしたら今回の映像もさほど衝撃的ではなかったかもしれません。でも私のようにあまり知らない人が見たら本当にびっくりするクオリティと内容だと思います。これを見たあとだと、「ああ、LDHからハイローが生まれるのも納得だわ」と頷いてしまいます。

そんな感じで、初めて見た三代目のライブもとても面白かったので、せっかくチケットを持っていたし、なんとかして現地で見ればよかったなあ、とライブビューイングのあとに後悔しました。

この頃、HiGH&LOW THE MOVIE2 END OF SKYの上映も始まっており、ハイローに再びずぶずぶとハマっていました。そしてこのMETROPOLIZを見たことがLDH再熱のきっかけになったのでした。

 

そしてUNKNOWN METROPOLIZへ

公演情報

三代目J Soul Brothers LIVE TOUR 2017 ”UNKNOWN METROPOLIZ” 2017.9.16 START!! | EXILE TRIBE mobile

METROPOLIZの札幌振替公演が終わったあとすぐに続編となるUNKNOWN METROPOLIZが始まりました。正直、続編って何!?と思いましたが、METROPOLIZがとても面白かったので、あのファンタジー物語の続きが見られるかもしれないと期待を寄せ東京公演の発表を待ちました。

しかしなかなか日程が発表されず、とりあえず様子を見ていたのですが、9月中旬にいきなり10月に東京ドーム公演があることが発表されました。どうやら野球の結果によって東京ドームのスケジュールが左右されるようで、そのせいで東京公演の発表が遅れたようです。急いでモバイル先行に申し込み、10月7日(土)の公演のチケットを当てることができました。

会場と座席

会場は東京ドームです。

f:id:dankeko:20171017193652j:plain
座席の電子チケットは公演4日前の3日に送られてきました。

座席:41ゲート11通路3塁側2階26列2〇〇番

座席の通知が来てすぐに東京ドームのHPで確認したのですが、どうやらかなり後ろのほう。実際に会場に行ってみたら案の定でした。後ろに1列しかない!!!!笑
すぐ上が天井でした。

f:id:dankeko:20171017014846j:plain

私は3塁側でしたが、アリーナの前方に柱があって、それが視界に入って中央のスクリーンの左端が隠れていたのが少し残念。しかもその隠れてしまったスクリーンに映っていたのが岩田さんの定点カメラ映像だったので、私の周りの席にいた岩田さんfamはちょっとかわいそうだなあと思いました。私の推しはNAOTOさんなので、ギリギリNAOTOさんカメラ映像が見られたので概ね満足です!よかった!
おそらく1塁側でも同じようなことが起こっていたと思うので、もう少しアリーナに近いか、もしくはセンターの席だったらストレスなく見られたのかなあと思います。

開演18時で開場は16時。
初めての東京ドーム、そして一人ぼっちだったのでビビって16時半くらいに急いで入場したのですがやっぱりやることがなかったので、友達と一緒じゃないならそんなに焦らなくてもよかったかな。中にドリンクやホットドックなどの軽食が売られているので、それを食べつつ時間も潰せますが…。(中で買うとやっぱり高いしね。ドリンク270円、ホットドック550円くらいです)

東京ドームのまわりのレストランや最寄りの水道橋駅付近のレストランももちろんライブ参加者で溢れかえっています。私は14時半くらいに水道橋について、そこから駅付近で食べようとしたらどこも混んでて結局かなり歩いて時間を無駄にしたので、次は水道橋に行く前に他の駅でゆっくりしてから行くようにします。当日はプロントでご飯を食べて時間を潰したんですが、店内が狭くて窮屈だった…。友達と一緒だったらどこに行っても楽しかったのかもな。

物販情報

三代目J Soul Brothers LIVE TOUR 2017 ”UNKNOWN METROPOLIZ” TOUR GOODS | EXILE TRIBE mobile

物販は会場の周りと会場の中で販売していました。会場の中でだとメンバープロデュースグッズの販売がないなどラインナップが絞られます。ただ全然並ばずに買えるので、タオルとTシャツくらいで良いというなら会場内で購入したほうがいい!
私は当初会場外の物販会場で買おうとしたのですが、14時半の段階で結構並んでいて、ひとまずご飯を食べて開場時間くらいに戻ってきたら列も短くなってるだろうと予想して行動したのですが、16時過ぎても物販の列の長さはあまり変わってませんでした。なので、最低1時間は並ぶと考えて行動したほうが良いかなと思いました。LDHのライブの物販なので、列の割に捌けるのは早いと思いますが…。
LDHのオンラインショップ(https://www.exiletribestation.jp/)であらかじめ入手できるので、ライブまで1週間以上余裕があるのであればオンラインで買っておいたほうが当日はゆっくりできますね。

 

余談ですが、やっぱりライブグッズって通販してほしいですよね。アニメ系イベントだと当日物販しかない場合が多くて、当日始発から戦争が始まるじゃないですか。最近は歳を取ったせいか学生のときほど頑張れなくて、グッズの購入自体を諦めることも増えてきました。こんなこともあって、2016年に行われたテニスの王子様のイベント『テニプリフェスタ2016』では許斐先生や関係企業のご尽力あってのことだと思いますが事前通販が行われ、ライブの一週間前には大量のライブグッズや限定グッズが届きました。テニフェス2013のときは4時間くらい並んだ記憶があるので、もうあんな思いをしなくて済むのかと思うと本当にありがたかった。ちゃんと欲しいものが欲しい個数購入できて、イベント当日までに届くってこんなに幸せなことなんだと思いました。
LDHは音楽主体のエンタメを展開しているので事前通販のシステムもしっかりしているのは当たり前なんでしょうが、アニメ系のイベントばかり行っていた人間からすると「さすが!」と感心します。

 

 LIVE内容

セットリスト

1. J.S.B.LOVE
2. O.R.I.O.N.
3. R.Y.U.S.E.I.
4. MUGEN ROAD
5. STOME RIDERS
NAOTOソロ
6. Eeny,meeny,miny,moe!
7. Dream Girl
8. 花火
9. Powder Snow 〜永遠に終わらない冬〜
小林直己ソロ
10. 冬物語
11. WASTED LOVE(登坂広臣)
12. Double Play
13.トヨタCM曲(今市隆二)
山下健二郎ソロ
岩田剛典ソロ
14. X-RAY feat. 三代目JSB
15. Feel So Alive
16. Summer Madness
17. Over & Over (short ver.)
18. NEO TOKYO (short ver.)
19. CHAIN BREAKER (short ver.)
20. HAPPY
21. 銀河鉄道999
22. BRIGHT
23. Welcome to TOKYO
‐アンコール‐
24. 24メドレー (STAY GOLD・TRIBE OF GOLD)
25. J.S.B.DREAM
26. J.S.B.HAPPINESS

【UMPレポ・セトリ】10/7 三代目JSB『UNKNOWN METROPOLIZ』東京ドーム | EXILE FAM

 

 正直まだ曲と曲名が一致していないところがあるので、こちらから引用させていただきます。こう見ると人気な曲がたくさん聴けてハッピーだったなー!と改めて思います。MPの時よりちょっとバラード曲が多いかな?という気もしました。以下、かいつまんで記憶に残ったところの感想です。1回しか行ってないですしもう1週間以上経ってからこれを書いているので映像の順番などあやふやなところがあります。あと遊戯王みたいな映像の曲もあったはずなんですがいつだったか忘れました。

 

冒頭映像~MUGEN ROAD

今回もファンタジーがかった映像。前回と大筋は同じような内容だったと思いますが、新規ファンタジー映像もこみこみ。なんかクジラみたいなのが空を泳いでいたような…、モンハンの世界に佇む直己さんがいたような…。文アルに出てきそうな登坂広臣さんなど…?(何を言っているかわからないと思うんですけど、実際そういう映像が流れるので嘘ではありません)

METROPOLIZ歴の話だけじゃなくて、BCみたいな記号が付いていた時代もあったので、そこがUNKNOWNってことなんでしょうか?

最初はアリーナ中央のにトロッコに乗って登場。人気のJ.S.B.LOVEから始まりテンションMAX。そのまま代表曲であるR.Y.U.S.E.I.まで走り抜けます。

そして、MUGEN ROAD。イントロのドッドタン!ドッドッドタン!が流れた瞬間に「きたーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!」と心が飛び上がりました。なにせMPで披露されていなかったので、ザラ以来の生MUGEN ROADです。たまらねえ!!やっぱりMUGEN ROADは最高ですね。NAOTOさんがギラついた目をしていたのも戦闘モードに入ったジェシーっぽさがあってめちゃくちゃ興奮しました。

NAOTOさんソロ

 MPでもソロ一番手はNAOTOさんだったので、またそんな感じかな~とは思っていたのですが、思いのほか出番が早くて焦りました。急いでオペラグラスの度数を調節した。

映像は赤いスポーツカーに乗ったNAOTOさんが近未来の荒廃して緑に覆われた道路?を走る感じ?でした。近未来の異空間を車で走り抜けるNAOTOさん、かわいい。
映像が終わってステージに登場。白タンクトップに長いパンツといったラフな格好で出てきたのですが、なんかそれだけで色気がダダ漏れで、「きゃーーーー!」という黄色い声援というより、「うわ、うわ、うわ…」と言っていた気がする。
曲中、ステージ中央でめちゃくちゃエロい手つきでタンクトップを捲り上げて、乳首見えそうなところまで見せて自慢の肉体を見せつけてきた気がします。この辺りはあまりの刺激の強さに記憶があやふやです。めっちゃエロかった。

そのあと女性ダンサーと絡みつつのダンス。ダンスはそりゃあもうかっこよくて、やっぱりNAOTOさんのダンス姿めっちゃ好きぃ~♡と脳がふやけました。ふだんかわいいのにダンスの時にめちゃくちゃ雄!!になるあのギャップ本当にズルいですよね。とにかくかっこよかったです。R-15!!!!

直己さんソロ

まず今回の直己さんのファンタジー映像なのですが、完全にモンハンです。武装した直己さんが崖の上に立っていて、大きい恐竜のようなモンスターと対峙し、最後は直己さんの剣でモンスターに立ち向かうという内容。想像以上にモンハンだったのが面白かったし、直己さんと刀はどの時代にいっても一心同体なんだなと思いました。カプコンさん、コラボよろしくお願いします。

直己さんのソロは女性ダンサーとバレエのようなダンス。とってもしっとり、美しいダンスでした。ダンスというより、舞いと表現したほうが良い感じ。直己さんのダンスって高身長を活かした迫力のあるきびきびしたダンスだと思ってたんですが、こんなにも繊細でしなやかなダンスも出来るんだ~~~!!!とびっくりしました。直己さんって本当に表現の幅が広い方だなあと改めて思いました。

登坂さんソロ

METROPOLIZ 1945のときの軍服登坂さんも最高のキャラデザでしたが、今回の図書館司書みたいな登坂さんも大変よかったです。ハリーポッターみたいな動く棚から本を取り出し、物語を読む…みたいな。あの登坂さんは言わば様々な世界を俯瞰で見ている神様みたいな存在ですよね?サンホラが好きな人などにはたまらない設定だと思いました。

ステージ上では最初に、王様が座る金ぴかのゴツい椅子みたいなのにどっかり座った登坂さんがまわりにダンサーを従えて登場したので、その時点で画の強さにヒィとなりました。登坂さんって本当に王様みたいな役似合いますよね。めっちゃひれ伏したい。

三代目の歌声は今市さんの太目で優しい声質が印象的で、登坂さんの声はクセがなくてさっぱり軽いイメージでしたが、生で聴くと登坂さんの声のキレがよく鋭くてかっこいい歌声でした。高音も力強くも透き通っていて、聴いていて本当に気持ちいいです。

登坂さんの伸びのある歌声と綺麗な顔。もう言うことはない。

今市さんソロ

映像は真っ白な服を身にまとった今市さんがなにもない大地に立っていて、空を見上げると巨大な鯨のような生物が近付いてきて、頭上を通過する…みたいな映像でした。今市さんはなにもせずこの鯨みたいな生物を見上げるのですが、これが直己さんだったら剣で一刀両断されていたはずなのであの鯨は運がよかったと思います。

ステージの歌ですが、これ、めーーーーーーーちゃくちゃよかったです。かわいかった。
7人ほどの外国人美女ダンサーに迫られながら今市さんが歌うんですけど、女にモテモテな今市さんは全然いやらしさがない。今市さんが主人公のTo LOVEるってこんな感じかな!?
終始モテモテの今市さん、最後は女ダンサー二人から両頬に同時キスをしてもらって暗転、という終わりだったんですが、今市さんfamの絶叫とあたたかく見守っていた我らのFUUUUUUU↑↑↑みたいな声とが重なってすごく盛り上がりました。私の前の席にいた子はつらくて泣きそう…と言っていました。ジャニーズなどのアイドルのライブと違って女性ダンサーも出てくるのでこの辺りは複雑なファン心ですね。

山下さん・岩田さんソロ

二人続けてソロパートだったので、導入映像も二人とも登場。岩田さんは緑が茂り白い建物の外にはきれいな水が流れている空中庭園のような世界に佇む青年(王子?)、山下さんは謎の武将のような恰好をしてたくさんの兵を率いていました。よくわからないけどめちゃくちゃかっこいい!!!!
岩田さんはやっぱり植物図鑑的な、緑や自然を司っているキャラクターのイメージなんですかね?山下さんも武人の王様?騎士団の団長?という雰囲気で、三國無双とかに出てきそうな感じ。登坂さんの王様っぽさとはまた違った魅力があります。武器を持った兵士たちを脇に従えてゆっくり真ん中の道を歩く武人・山下さん。目の前の大きな大きな扉に手をかけます。一方、岩田さんも白い大きな大きな扉に手をかける。二人同時にゆっくりと扉を押すと扉が開いていき――という、二つの世界がリンクしそうな映像でした。世界や時空を超えて岩田さんと山下さんが出会うかもしれないなんてロマンがあるなあ!!

そして山下さん登場。 山下さんのソロもキレのある重みのあるダンスでかっこよかった~~!!!ハイローから山下さんを知ったので、ダンさんのイメージが強すぎてステージ上で踊ってる山下さんを見ても同一人物だとうまく認識できない…みたいなところがあります。ステージ上で踊ってる時イケメン度が上がりませんか??

岩田さんのソロパートは岩田さんが登場する前に【GUN】岩田さんの顔【GUN】岩田さんの顔【GUN】岩田さんの顔…みたいな映像が流れて、会場の黄色い声がすごかった。いやあ人気だな、すごい。
岩田さんはあかちゃんみたいなかわいい顔してるんですけど、ダンスはそのイメージとはまた違って、かっこいいんだけど顔はかわいいし、でもかっこいいし…という感じで混乱します。岩田さんも見ていて楽しかったんですが、私の周りにいた岩田さんfamの悲鳴も楽しかったです。大勢の人がリアルタイムで狂わされていくのを見た。

ELLYさんソロ

イエァ くれいじ~~~~ぼ~~~~~い!!!!!!!!!

映像は、近未来TOKYOっぽい夜の大都市、超高層ビルの上で佇むドフラミンゴみたいなボリュームのあるELLYさん。そのまま勢いよく地面に飛び立つ!風を受けてコートがはためき、ELLYさんは夜の街に溶け込んでいく…みたいな感じでした。落ちてるときの浮遊感はジブリみたいだった。
ステージに登場したELLYさんは水色を基調としたポップな衣装でダンサーさんとお揃いでした。かわいい~~!!!
LDHの楽曲を聴くまでラップ系の曲にはあまり興味がなかったんですけど、ELLYさんの楽しそうに歌ってる姿とノリノリのラップはテンションが上がります。
俺、めっちゃサイコーに楽しいよ!!みたいなELLYさんの雰囲気がいっぱい伝わってくる。キンブレを振ってきた今までの過去を完全に忘れて、「イェア~~~~~」と右手を突き出していた。

CHAIN BREAKER

MPで歌ってくれたので今回は入ってないかな~と思っていたのでセトリに入ってると知り驚いた!!!ショートverではありましたが、またアマチェン聴けて満足!!!!やっぱりめーーーーちゃくちゃかっこいいよ。

フリスビーガチャ

銀河鉄道999のときだったと思うんですが、フリスビータイムがありました。この時、メンバーはそれぞれトロッコに乗ってアリーナをぐるぐる。トロッコの真ん中にボタンが用意してあって、曲中にみんなで一斉に押すと中央スクリーンにスロットのような画面が登場。そのまま「アリーナ〇列〇番」というように席番が表示され、その席の人にスーパーマンみたいなキャラクターが直接フリスビーを渡しに行く、という流れでした。
座席が表示されるのは一瞬なので、フリスビーを直接受け取ってから自分が当たったと気が付く、というパターンが多くて、フリスビーを受け取った人が笑顔でスクリーンに映し出されると会場全体で拍手をして祝っていて、素敵でした。フリスビーを直接投げ込むだけだとどうしても乱闘になるし、平和的にフリスビーが行き渡るこのシステム考えた人すごいな!けっこう少年少女にも当たっててほっこりしました。2階席は当たりません。

アンコールに入る前のラストの曲だったと思うんですけど、メンバーがほとんど上半身裸になったので会場のボルテージがすごかったです。東京ドームのど真ん中で自慢の筋肉を晒すってどんな気分なんですかね?ありがとうございました!

アンコール 

ザラのとき初めて知ったんですけど、LDHのライブってアンコールでウェーブするのが定番なんですか?今回も1階席と2階席でウェーブが始まったのでその波に乗りました。アンコールと言えば、「ラァブラァブフェスティバル!ラァブラァブフェスティバル!」と叫び続ける文化圏から来た人間なので、声の限り叫ぶというよりウェーブしたり拍手をして煽るみたいなアンコールの仕方は新鮮で面白かったです。

そしてアンコールの後メインステージに登場する三代目J Soul Brothers
赤を基調としたジャージのような衣装なんですが、これがまたかっこいい!!!!!!!!!!
あと、NAOTOさんの格好が好みのドツボでめちゃくちゃ興奮しました。

f:id:dankeko:20171017142947j:plain
ファッション用語に詳しくなくてお恥ずかしいんですが、こういう袖なしで襟が首元まである感じの服がとても好きなので、NAOTOさん着てくれて本当にありがとう。あと真っ赤な赤いキャップを被って真っ赤なリュックを背負ってました。そのリュックはなに!?少年かな?かわいい!!!!!!
アンコールっていったらライブT着て出てきてくれるもんだと思ってたので、再度カッコイイ衣装で登場してくれるとは‥‥。最後まで興奮させてくれる。
アンコールはNAOTOさんばかり見ていました。曲の合間にパフォーマーたちでエア野球やってた。わちゃわちゃしていてかわいかった。

最後はトロッコに乗って再びアリーナへ。
MCは本当に最後の最後だけ。NAOTOさんから始まり、ひとりずつ感謝の言葉を述べていました。直己さんが素でマイク持たずに話そうとしていて、慌ててマイクを持って「忘れましたーーーー!!!」って叫んだのはおっちょこちょいな直己さんがかわいくてにやにやしました。
皆でJ.S.B.HAPPINESSを歌って終了。いっぱい手を振っていたNAOTOさんがかわいかったな…。アリーナや1階席だったらファンサのチャンスいっぱいあったと思います!!!うらやましい!!!!!

おわりに

初めての三代目のライブ、もちろんとっても楽しかった!!行ってよかったです!!!やっぱり生は良いね!!!!
END OF SKYを観てからNAOTOさんファンになったので、歌って踊るカッコイイNAOTOさんがたくさん見られて満足です。NAOTOさんって曲の合間とかふとした瞬間に両手を広げるポーズとかジェシーっぽいオラついた感じを出すので、ジェシー好きにはたまらないです。ジェシーにハマったばかりの頃はジェシーが好きなのかNAOTOさんが好きなのか混乱してよくわからなくなったんですが、生で見たらNAOTOさんが好き!三代目で一番好き!ジェシーを生み出してくれてありがとう!!と素直にNAOTOさんが推しメンだと自覚できました。好きです!!!!

一方でマイナスな点を言うと、MCがないので淡々と映像と歌が続いていくため、メンバー同士の会話も楽しみにしてるって人には物足りなかったかもしれないし、MPの続編っていうこともあってMPのセトリやステージのセットと似ているところも多いのでそういう点に不満がある人もいるかもしれないなあとも思いました。あと、私の席が2階席の後方ってこともあって明かりがずっとついていて、せっかくの照明の演出があまり楽しめなかったのもちょっと残念だったかな。2階席でも前方とか、アリーナまではいけなくとも1階席だったらもっと違ったかなあ。


そして11月にまた追加公演が決定。東京ドームは10公演らしい。すごいなあ!
ハイロー劇場版最新作の試写会の日程とも被ってるし、メンバーの体調も心配ですが、やっぱり彼らの魅力は歌とダンスに詰まってるなと改めて感じたので元からのファンだけじゃなく、なんとなく三代目が気になっている人までより多くの人が見に行けるチャンスを設けてくれることに感謝ですね。

あと、この東京10公演は記録的な数字らしいです。

natalie.mu三代目、めっちゃドームでライブしてるな…とファンではないときから薄々は感じていたのですが、この公演数はすごいですね。私は宮城県に住んでいるので、ドームだけでなく地方公演もしてくれたら嬉しいな~という欲もあります。ただ、三代目のライブを見てしまうと、演出の規模等を考えると地方のホールじゃうまくやりたいことが出来ないのかなとも思います。


三代目のライブってチケットの倍率が高くて参加するのが大変なイメージがあったんですが、今回は追加公演の発表が直近っていうこともあってかなりチケットが取りやすいので、ハイローから三代目が気になってるライト層も気軽に行ってみてほしいです。来年はEXILEが復活するし、三代目J Soul Brothersとしてのライブはいつになるかわからない…。三代目のライブに初めて行く人はとりあえずフラッグさえあれば手持無沙汰地蔵になることはないですよ!!キンブレではなくフラッグを振るのだ!!(しかもフラッグは500円!!安い!!!!!)


まだチケットは買えそうなので、せっかくの機会なので行けそうな人はぜひ東京ドームへ足を運んでみてください!!!!

最終日はライビュやってくれるかなあ…。やってくれたら絶対行きたい!!

あと欲を言えば、映像の内容が面白すぎるのでぜひMETROPOLIZ マテリアルを出版してほしいし、ゲームを出してほしいです。(オタクの我儘失礼)

 

LDHアーティストの単体のライブは今回が初参加でした。最近はGENEもセカンドも好きでチェックしているので、そちらのグループのライブにも参加してみたいな!!

あとやっぱり一人より二人なので友だちを作って一緒に行きたい。ライブ終わりにドームをバックにライブタオルを背に掲げた後ろ姿を撮るやつ、私もやりたい〜!!

 

 

【感想】1/29テニミュ六角公演

はじめに

テニスの王子様のミュージカル、『テニミュ』の六角公演を見てきたので感想とメモ。

自分の現段階のスペックは以下の通り。
テニミュは過去に数回行った程度(熱心なファンではない)
・原作とアニメは大好き キャラソンも大好き(テニフェスは2013と2016参戦)
・六角公演を見るのは今回が初めて
・俳優さんの名前が覚えるのは苦手
2.5次元舞台に詳しいわけではない


感想を書くにあたって、過去の六角公演DVDを見て比較したほうがいいかなあと思ったのですが、初めて見る公演の感想って貴重なのではないかと思い、やめました。

気が向いたらDVDを借りてきて今回見た公演と比較できたらいいですね。
なので「この部分は解釈違い!」と思っている部分が、1stや2ndから踏襲したものかもしれません。

ブログを書くつもりがなかったので公演について細かい部分も忘れているところが多いです…。

 

公演日程と公演場所

東京:2016年12月22日(木)~25日(日)TOKYO DOME CITY HALL

大阪:2016年12月30日(金)~2017年1月8日(日)大阪メルパルクホール

愛知:2017年1月20日(金)~22日(日)日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール

宮城:2017年1月28日(土)~29日(日)多賀城市民会館 大ホール

福岡:2017年2月3日(金)~5日(日)キャナルシティ劇場

東京凱旋:2017年2月9日(木)~12日(日)TOKYO DOME CITY HALL

 

私は1月29日(日)の宮城公演のマチソワ両方観劇しました。
当日の天気は晴れ。比較的暖かく、ミニスカートでストッキング、みたいな人もちらほらいました。 この時期の宮城は雪も降るので、あたたかい日に当たってよかった…。

会場の多賀城市民会館は仙石線、仙台駅から約20分の『多賀城駅』から徒歩7分
会場に行く途中、多賀城駅でてすぐ近くにファミマとセブンがあるので、なにか買いたければ多賀城駅に着いてからでも問題ありません。

 

チケットと座席について

今回は2016年年末にイープラスでのファミマ先行に友人の分もいれて2枚で応募して当たっていました。
しかし、入金をすっかり忘れてそのままおじゃんに…。
そのまま改めてチケットを買うこともせず放置していたのですが、やっぱり行きたくなって23日にLoppiで一人分の当日引換券を買いました。
これ、人気公演だったら絶対チケット買えてなかったですよね…。

 

座席は当日引き換えということで席は当日までわからない仕様です。
「まあこんなにギリギリで買ったし会場に入って座って見られるだけでいいや」という気楽な気持ちでいました。

 

多賀城市民会館公式HPで大ホールの座席を公表しています。
https://tagajo-bunka.jp/images/seat_im_01.pdf

 

マチネは13時開演、12時開場。会場にはまったり12時20分頃到着。
23列、左端のブロックでした。右隣の隣が通路、という席。後ろのほうではありましたが通路にかなり近かったし、ホールが大きくないのでそんなにがっかりするような席ではないです。

 

ソワレはきっちり開場1時間より前に扉前に集合し、並んで入りました。
17列目、ドセンでした。16列目の前が花道になっており、本当にちょうど真ん中。(前列あたりに関係者の親族らしき方々がいたので、もしかして関係者席とかだったんですかね…)もちろん後ろのほうにも人はたくさん座ってたので、当日引き換えにしては良席でラッキーでした。

 

私は名取でミュの観劇をしたこともありますが、名取は2階席もありもっと広かったので、多賀城は小規模でどこでも見やすく、アットホームな雰囲気です。どの席に当たっても、そこまで落ち込む必要はないと思います。
当日引き換えでも思いのほか良い席だったので、ファミマ先行で当たってたらもっと前のほうに行けたのかな~!?とも思いますが笑

 

 食事をするところがない!

今回多賀城でマチソワ両公演を観劇して困ったことはこれ!
ご飯を食べるところが少ない…!!
私はマチネを観劇後、とりあえず多賀城駅のほうに行って物色しましたが、悩んでいるうちに数軒しかないご飯処はすぐに人が埋まっていました涙
ほんと飲食店少ない!コンビニも2軒くらい!塾はいっぱいある!笑

 

食べようと思うと以下のところになると思います。
多賀城駅のパン屋さん 10席ほど軽食スペース有
多賀城駅の定食屋さん ぼっちに嬉しいカウンター席も有
多賀城図書館3階にあるレストラン ※エレベーターでしか入れません
多賀城図書館1階にあるスタバ 席が多く、外にも席があります
多賀城図書館1階にあるファミマ 軽食スペース6席ほど コンセント有
多賀城図書館向かいのセブン 軽食スペース2席ほど

 

私は結局コンビニで食べましたが、落ち着くことはできなかったので、できれば違うところで食べたかったなというのが本音です。

頼れるのは多賀城図書館。(HP:https://tagajo.city-library.jp/library/ja
多賀城図書館に行ったのが初めてだったので、レストランにも行ってみたかったのですが、エレベーターで行かないといけないのを知らず、階段で3階まで登ってそのまま引き返して時間を無駄にしたりしました笑

スタバは席が多いですが、その分カウンターで人も並んでいたので、ご飯を食べたいっていうより友達とコーヒー飲んでだべりたい人にはおすすめです。
あとスタバは外にある席がけっこう空いてました。(まあ寒いし屋内がいいよね)
4人くらいのテーブル席がぽつぽつと。友人と来ていて、寒さも気にならないなら開放的でいいかもしれません。

 

コンビニでおにぎりを買って多賀城市民会館にある椅子に座って食べてる人も結構いました。ただ、多賀城図書館が歩いて数分なので、2時間くらい空きがあるなら出てしまったほうがいい気がしました。

 名取だと近くにエアリがあるのでもう少し楽なんでしょうけど笑 

次回多賀城でマチソワ両方観劇するときは、マチネ終わったらすぐに図書館のレストランに行きたいですね!メニューもおしゃれでしたし!

 

公演内容

公演は休憩を挟む二部制で、それぞれ50分ずつ。前に氷帝戦を観劇したときは3時間くらいかかった気がするので、このくらいの時間だと重すぎず気楽に見られますね。

原作だと19~21巻、文庫版だと関東大会編3~4巻あたりの話です。

第一部

氷帝戦の熾烈な戦いをダイジェストで演じつつのオープニング。ちょっとシリアスな雰囲気でした。

怪我のため九州に行くことになった手塚。大石は部長代理になり、リョーマたちに聞こえるようにワザと「あの頃の手塚はすごかったよな~!」と言ってまわるシーン。
「葉っぱを打ち落としてすごかったよなあ!」とか「切り株を倒してすごかったよなあ!」と言うたびに、手塚の後ろに紫でほわわわわーんと煙があがる映像はけっこうクスっときました。
あと、原作にはない海堂のシーンを追加して、「オールで素振りしたのはすごい!あの水しぶき!」って言ったあと、こっそりカツオが海堂の前にオールを置いていったあたりもやりとりがかわいくて笑いました。

しかしこのあたりのシーンでひとつ、解釈違いが…。

葉っぱを打ち落とそうとするリョーマが、葉っぱを打ち落とせずにムキになったあと、いきなり
「親父~~~~~~!!!」と叫んで舞台袖に捌けるんです。

原作だと、ふてくされて「にゃろう」とつぶやくだけです。何かあったらすぐ南次郎に教えを乞うというよりは、まずは自分でとことん追求するタイプの子だと思うので、この反応はリョーマらしくないなあと思いました。
「親父~!!」と言って捌けたあと、少し笑いが起きていたので演出的には笑うポイントだったのかもしれませんが、リョーマはこんなこと言わない!と思ってしまって笑えませんでした。原作通り「にゃろう」じゃだめだったのかなあ。

六角の試合の前にお昼ご飯を食べる青学。セリフはなかったのですが、正座をしてちゃんと手を合わせて「ごちそうさま」をしてきれいに風呂敷にお弁当を包む海堂がすごくかわいかった!笑

 

あと、「手塚から連絡がきたぞ!」っていうシーン。
原作だとガラケーで「油断せずいこう」という素っ気ないメールがくるだけなのですが、さすが2017年。大石はスマホのラインらしき画面を見せてきます。
ここは日替わりポイントだったみたいで、手塚のメッセージを見せる前に2つくらいボケをかましてきます。平野ノラのLINEスタンプを見せてきたり笑
「違う違う!これだ!手塚のメッセージ!」と言って見せてくれると、そこには「油断せずいこう」というメッセージとともに青い空と山をバックに自撮りする手塚の写真が送られていました。手塚も自撮りするんだね!

 

試合前に佐伯と不二が話すシーンで剣太郎が「試合始まるよ~!」と呼びにくるのですが、佐伯と剣太郎が捌けるところも日替わりポイント?でしたね。

マチネは、
剣太郎「なんかアロマみたいな良い匂いがする~!(不二の匂いを嗅ぐ)」
佐伯「あ、それ俺だよ」
剣太郎「え、サエさん!??」っていう感じ。

ソワレは…忘れた!笑 でも『ハマグリ』っていう単語が出てきた気がするし面白かった覚えがあります。

 

D2 ダビデ・黒羽vsタカさん・桃城

シャバダビ~の歌、ジャズちっくでダビデのダジャレ満載で良い曲ですよね~。一方、パワーでガンガン押すタカさん桃城コンビの猛追もかっこいい。

タカさんはダッシュ波動球を披露したり、桃城の『くせ者』としての才能が頭角を現したり、二人の成長にかかせない試合だったなあと思います。

この試合の一番好きなところは、試合の後のやり取り。バネさんが「お前らすげーな!」って言って桃城に言うシーンは青春で良いですね。お互いが全力だして闘って、それで相手を素直に褒め称える。こういうところがサラっとできるのが、六角のみんなの良さですよね。

 

幕間

(たしか)D1終わった後にいったん幕がおります。
そして爆笑の日替わりネタタイム。天の声ならぬ榊太郎の声が「○○よ、来い」とひとり氷帝メンバーをステージ中央に呼び寄せて、「青学に負けて悔しいか?」「青学に勝つためにはどうすればいいと思う?」と色々質問してくるのにメンバーが答える形。

マチネは日吉でした。「青学に勝つためにはどうすればいい?」と聞かれ、「世界中の古武術のような動きを学んで取り入れた」「見せてみよ」と言われ、

ロシアのコサック!インドのボリウット!(首を動かす)と謎の動きを連続して披露しはじめ、最後には「吉田沙保里のタックル!1,2,3,4アルソック!」「谷亮子の巴投げ!ママでも金!」とギリギリのネタをやってておもしろかった!笑

さらに榊太郎が「吉田沙保里のタックルをもう一回」とか言うもんだから本当に笑いました。

 

ソワレは忍足。「自分の良いところ…?顔が良すぎるところ」「自分の悪いところ…。顔が良すぎるところですかね」みたいに自分の顔面を自画自賛しててそれも面白かったです。
忍足が出てきてすぐに榊太郎が「お前、斎藤工に似ているな」って言っていて、Twitter上で、年末の笑ってはいけないの影響で忍足がサンシャイン池崎の真似をさせられてるっていうのを見てちょっと期待していたので、それが見られなくて残念でした。池崎ネタはもうやりつくしたのかなあ~。

忍足も日吉も、もうだいぶネタキャラになっているので、この日替わりネタもとくに違和感なく、たくさん笑わせてもらいました。

 

D1 佐伯・樹vs不二・菊丸

D2の幕があがる前にバネさんとダビデの日替わり。バネさんにダジャレを言わせようとするネタで、シャバダビの歌に合わせてバネさんがダジャレを言うんだけど、恥ずかしいだろうからみんなで一緒に言おう!っていうパターンでした。

で、ダブルス1。樹の特徴的なポ~という音がするサーブは、バックに走る機関車を映して表現してましたね。樹の声はやっぱりアニメのイメージが強いので、まったり優しい声なのは合ってるけど、声のキーが高いなあと思いました。まあアニメはアニメ、舞台は舞台。

この試合は『自分で回転を生み出す天才不二』『不二のボールに反応する集中力の高い樹』『菊丸並みに動体視力の良い佐伯』『菊丸の分身』といろいろ盛りだくさんだと思うんですけど、セリフや展開が早すぎて動体視力が良い佐伯や菊丸の分身のあたりがあっさりした演出に感じました。

特に菊丸の分身はかなり大事なシーンだと思うんですが、もう一人のプレイヤーが菊丸のうしろにうっすら見える程度で、あんまりびっくりしなかったかな。漫画だと3人になってるんだぞ!?

いやしかし、D2でパワーを強調した試合を見せて、D1でテクニック重視の試合を見せる。改めて許斐先生はすごいなあと思いました。

 

S3 葵vs海堂

 そういえば、この公演の前にこんな事件がありました。

news.nifty.com

この記事に出てくるテニミュファンによると、「こんなこと今までなかった」というようなことを言っていますが、ラケットがすっぽ抜けるのは過去にも何回かあったのではないかと思います。私は手元まではっきりと見えたわけではなかったのですが、この事件を受けてか海堂がストラップかなにかでラケットと手首をつないでいた、という書き込みを見かけました。どうだったのかなあ。

何はともあれ、こういう事件があった後ですので、このS3の試合は序盤から見てるこっちもドキドキ。いや、もうラケットが飛んでくるってことはないのはわかってるんですが、どこか気持ちが落ち着きませんでした。

ただ、試合が始まってからはそんな事件があったのは忘れそうになるくらい、海堂役の方の演技が全力だったという印象が強いです。
あんな事件を起こしたあとだから本人もプレッシャーがすごかったと思いますが…。

(偶然にも、原作でこの試合の話のタイトルが『Genius 180.プレッシャー』です)

 

冷静に攻め立てる海堂と、「女の子にモテた~~~い!!」とハッピーに歌い上げる剣太郎。小学生とか中学生のときはやっぱりイケメンが好きだったので剣太郎のことはさほど好きなキャラではなかったのですが、こう大人になってみると、素直にモテたい!という理由でテニスに打ち込んでいる剣太郎がとてもかわいく見える笑

もうここで負けたら敗退なのに、それを感じさせない明るさ。やっぱり六角はいいなあって感じさせてくれますね!

流血もバンダナで縛って止血をし、じわじわいたぶる海堂らしいテニスで剣太郎を追い込み、海堂の勝利。は~、やっぱり、六角の試合を見るとキャラが着実に進化してるのがわかって良いな。

 

立海 切原を見たリョーマ

海堂が試合をしている間、リョーマは橘と闘う切原赤也を発見。

赤也はスクリーンにシルエットで映し出されているんだけど、赤い煙が背後から出まくっていて世紀末感がすごい!笑
漫画よりも過剰に赤也の怖さを引き立たせてるんだけど、それはそれで「次に闘うやつはこんなに強いやつなんだ!」とワクワクしたので舞台ならではの良い演出だったな~。

一体立海はどんな俳優さんたちが演じてくれるんだろう!楽しみだ~。

 

氷帝 もう一つの戦い

 賑やかでワイワイやってる六角戦の裏側で繰り広げられるストーリー。

青学に負けた氷帝メンバーはその悔しさをバネに猛特訓。猛ダッシュのあとのリメンバー氷帝には旋律に重みがあって痺れた!
跡部役の人がバレエ経験者なのかな?氷帝のダンスが全体的にバレエちっくで、跡部役の人は本当に所作がきれいでした。

バレエの棒や鏡があるバレエ練習室みたいなところで踊り始めたときはちょっとびっくりしたけど笑

跡部はこんなにバレエを踊るようなキャラではないけど、『上品で気品があって、気高い高貴な跡部様』っぽさはすごく出ているので、私はそんなに違和感ないです。

 

前の公演から続投しているのは氷帝メンバーくらいらしいですね。新しい青学よりも経験値が多いからか、青学には負けたけどリベンジを目論む氷帝の底力というか、このままじゃ本当に青学も立海も倒せそうな強さを感じて、それが良かったかな。

氷帝の魅力って、ストーリー上負けるんだけど負けたチームっていう気が全くしないくらいの強さを常に感じるっていうところが根底にあって。「ああこの氷帝は負けるな」って思われたら終わりなチーム。(立海も同じようなところがある)

今後見る舞台でも、そういう強い氷帝を見続けられたらいいな。

 

宮城公演千秋楽 地元出身俳優

千秋楽の挨拶では多賀城市出身ということで、試合がなく見せ場はあまりないキャラではあるものの随所で存在感を見せた首藤聡役の千葉さんが一歩前に出て挨拶。

「この舞台には中学校の合唱コンクールで3回ほど立ったことがあります」という発言に地元だな~と感じてほっこり。(実は私も同じようなものなんだ)

首藤くんの役って本当に見せ場っていうのがないんだけど、それでもちょっとした動きとか終盤の乾とのやり取りで笑いをとったり、チョイ役なのにしっかり存在感があって、とっても良かった。

千葉さんが「僕が”ただいま”って言うので、みなさんで”おかえり”って言ってください!」と言うもんだから構えてたんだけど、千葉さんが

「おかえり~~~~!!!!」って先走って言うもんだから、みんなズコーーーーーーーーってなって会場も舞台上も大爆笑でした。

終始みんなあたたかく千葉さんを見守っている感じで、やっぱり地元の人が地元で公演するってすごい良いなあ~!と感じました。

特に今回は多賀城市出身で多賀城で公演だから、ほんとドンピシャ。

同郷の人が活躍するって、やっぱりうれしいね!

 

 ずんだを食す跡部

ソワレの終演後の放送が跡部と宍戸でした。

 

跡部「ずんだ?なんだその俺様に似つかわしくない食べ物は…」

宍戸「まあ食べてみろって!」

跡部「ンメェ… いや、まあまあだな」

宍戸「いや、いまうまいって言っただろうが!ほれ、ずんだシェイクもやるよ」

跡部「チューーーーー うまいじゃねえの…!褒美にローストビーフヨークシャープティング添えをやる」

宍戸「ヨークシャテリア?悪ィ、ウチにはもう柴犬がいるんだわ!」

 

みたいなやりとり。かわいかった!笑

こういう、庶民の食べ物を知らない跡部って本当にかわいい。きっとみんな帰りは仙台駅でずんだシェイク飲んだでしょ笑

 

おわりに

久しぶりに見たテニミュ。毎回必ず見に行くぞ!ってほどの熱はまだ持ってないんだけど、原作やアニメはやっぱり大好きだし、こうやって原作とミュを比べたら原作にはないおもしろさもいっぱいあってやっぱり行ってよかったなと思いました。

特にvs六角なんて漫画でもだいぶ前に読んだきりになっていて、改めて漫画を読み返して原作の面白さに気付くことができたり。

六角戦の大千秋楽は2月12日。とくに予定もないので、行こうかな。どうしようかな。

ちょっと迷い中笑

 

次はいよいよvs立海。関東大会のラストゲーム立海は人気だし、チケットも人気だろうから今回みたいにボケーっとしてたら売り切れてしまうかも…。
私もやっぱり立海戦は好きなので、宮城公演があれば絶対行きたい!次は名取になるかなあ。

公式HPを見ると、2ndは六角戦が2月で立海が7月だから、今回もそのくらいのペースなのかな。だとしたら夏だね。

正直、青学メンバーの歌唱力はもっとうまくなってほしいので、彼らが次回の公演でどのくらい成長してくれるのか、楽しみ。なんせあの立海と闘うんだからね。

 

あと、友達と一緒に行きたい!!笑
あーだこーだ言い合いたいし。次はしっかり友人と予定を合わせて行きます!